HOME > 施設ご利用の方 > 施設使用について > 施設使用について

  • ■使用承認書の所持

●使用者は、必ず施設使用承認書を所持し、会館事務室にお越しください。
●会館事務室にお越しいただいたときに、必要な楽屋関係の鍵をお渡しできます。
 会館担当者の指示に従いながら、指定された施設を使用してください。
 鍵は終了後、必ず会館事務室に返却してください。
●使用者は、常に会館事務室と連絡がとれるように所在を明らかにしてください。

  • ■施設・附属設備使用

●当日、施設・附属設備を使用するときは、必ず会館の承認を得てください。
●附属設備の使用料金は、「附属設備使用料」のとおりです。
●附属設備使用料は使用当日に精算ください。

  • ■施設使用時間の厳守

承認された使用時間には「搬入開始」から「搬出完了」までの時間を含みますので、時間内に全てが終了するよう厳守してください。

  • ■楽屋等の管理

●楽屋等の管理は、使用者の責任において行ってください。
●楽屋等での盗難防止のため、空き部屋の施錠(必ず防火点検をしてください)、出演関係者の出入りをチェックしてください。なお、当館では盗難等の一切の責任を負いません。

  • ■定員の厳守

消防法上、入場者の定員は厳守してください。

  • ■入場者及び専用駐車場の整理

●過剰な酒気帯び、公序良俗に反する行為、その他一般の入場者に迷惑がかかることがあきらかに認められる者については入場をお断りします。
●開演時間前の入場者の整理については、使用者の責任で行ってください。
入場方法等の整理計画をたて、事前に会館担当者と打合せをしてください。
多数の入場来館者が予想される場合は、場外整理員を早目に配置し、エントランス(ロビー)での混乱を防いでください。
●専用駐車場内での事故については、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。

  • ■禁止・遵守事項(入場者にも遵守するよう指示してください。)

●火気・危険物の持ち込みは禁止されています。
 また火災、爆発、その他危険を生じるおそれがある行為をしないこと。
●舞台・客席内での喫煙・飲食は、消防法条例・環境衛生法で禁止されています。
 飲食・喫煙は所定の場所で行うこと。また、外部からの飲食物の持込みはご遠慮ください。
●旗等を立てたり、貼紙、くぎ打ちなどをしないこと。
 貼紙をする場合は、会館の承認を得てください。
●所定の場所以外の出入り、承認を得た設備、機材以外のものを使用しないこと。
●非常口、避難経路、消火器具等のまわりに、物を置かないこと。
●敷地内において人声、楽器、拡声器等による喧騒にわたる行為は禁止されています。
●承認を得ないで、会館内においての寄付金募集、物品販売、飲食物の提供をすることは禁止されています。

  • ■公演の中止

火災及び地震等の不測の事態(災害等)が発生した場合は、危機管理責任者(館長)が使用者と協議し公演の中止か続行かの判断をします。
使用者と緊急協議ができない場合、または災害の規模により被害状況が拡大するおそれがあると判断した場合は、危機管理責任者の判断で決定しますのでご了承ください。

  • ■管理責任の範囲

●火災・盗難・停電・妨害・その他の事故により、使用者、出演者、観客などに損害が生じた場合は、会館に重大な過失がない限り、責任を負いかねますので万全の措置をしてください。
●事故等が発生した場合は、使用者は応急措置をとるとともに、速やかに会館事務室まで連絡してください。

  • ■原状回復

使用終了後は、直ちに施設を原状に回復し会館担当者の点検を受けてください。
掲示した看板、持ち込んだ道具類は直ちに撤収してください。
また椅子・机を移動させた場合は元の位置に戻してください。

  • ■ゴミの始末

楽屋等のゴミは必ず分別のうえ、お持ち帰りください。