大ホール


    8通りのステージ変化、4カ国語対応同時通訳ブース、可動観客席があるのがこのホールの最大の特徴。 新しい演出によるコンサート、演劇、古典芸能、国際的なコンベンションや講演会などにも対応できます。
    エンドステージA形式(基本)
    ・舞台範囲 18m×12m
    ・客席数 全席使用 1,476席
    部分使用  885席(1階席のみ)
    このほかに車椅子席 20席
    ・楽屋1 14人 ・主催者控室 6人
    ・楽屋2 14人 ・スタッフ室 10人
    ・楽屋3 8人 ・メーキャップ室 5人
    ・楽屋4 8人 ・舞台監督控室 5人
    ・楽屋5 個室 ・衣装室 5人
    ・楽屋6 個室 ・客席事務室 8人
    ・親子室 ・プライベート室 ・託児室 ・クローク ・コインロッカー


  • 楽屋

  • 親子室

  • クローク

    フレスコ壁画(写真はフレスコ画の一部)

    テーマ「光ふる街奈良」 奈良市出身の絹谷幸二画伯が、世界遺産に登録された古都奈良の誇る社寺、自然 そしてシルクロードを描いたフレスコ画。
    • 大きさ  2.5m×18.75m
    • 場所   大ホール1階 南側通路壁面