HOME > 奈良の魅力再発見 能楽普及事業 > なら100年会館オリジナル 善財童子

  • この作品は、小学生のみで演じることができる作品として、なら100年会館が制作したオリジナル作品です。
    平成19年2月18日に初演し、毎年1回上演しています。
    衣装は、自然の草木染に伝統的な技法を用いて取り組み、東大寺をはじめ、様々な社寺へご奉納されている
    染司(そめのつかさ)・吉岡幸雄先生によるものです。

    ※次回の上演は未定です。
  • 【あらすじ】

    いまから八百年ほど昔の奈良の物語。

    時は鎌倉。
    戦いによって焼かれた東大寺の大仏と大仏殿は、俊乗坊重源上人(しゅんじょうぼうちょうげんしょうにん)によって見事に復興し、街は喜びに満ちていた。
    そんな中、純真無垢の少年である光(ひかる)は、武士の父と共に東大寺の二月堂へ参詣に訪れる。

    その時二月堂では、お水取りの名で呼び親しまれる修二会(しゅにえ)の行法が執り行われている。
    「南無観。南無観。」観音の法号を唱え続けえる練行衆の祈りの声を聴くうちに、光は夢の世界へ。
    そこで二月堂の本尊である十一面観音菩薩と出会うことにより、光の中で善財童子が目覚め、
    生きているものすべてが等しく尊い命を宿し、それらはつながっているという教えを賜る。

    最後に二月堂の香水をいただき、光は善財童子を心に秘め、美しい智慧(ちえ)
    を求めて生きていくことを決心する。

    ※善財童子とは、華厳経「入法界品(にゅうほっかいぼん)」に登場し、賢者を訪ねる童子のことです。

    【総合監修】東大寺
    【脚本・指導】金春康之
    【衣装制作】染司よしおか 吉岡幸雄
    【原作・演出・制作】一般財団法人奈良市総合財団(なら100年会館)
    【協力】学校法人大原学園 大原和服専門学園